​下大沢 駿|Shun Shimoosawa

「アスファルト」の下に「土」があることを実感したい。これが今の私の願いです。

 

便利で快適な、郊外の新興地で過ごしてきた私が感じる、断絶と継承の問題を、人間の作為と自然の関係から読み解く試みをしています。

​Now, I wish to feel that there is “soil” under “asphalt”.

 
I am trying to decipher the problem of inheritance and break , felt by my living in a convenient and comfortable new town , from the relation between nature and artifact.