Ghost New

コンクリート、折り紙、など

京王永山駅から南に10分歩くと多摩ニュータウンの団地が広がっています。

狸の寝ぐらを奪って栄えたこの街も、今や空部屋と老人が目立ち、過剰に剪定された街路樹は、都市計画が書き損じた物語の書き割りと化しています。

この作品は、私がプラスチックダンボールで設計製作した型にコンクリートを流し込み成形したものと、蛍光緑色のサテンや折り紙で工作した枝葉で構成されています。

一方、私が今住む町は、この寂れた団地の反省を踏まえた、一層強固な都市計画によって生きながらえています。しかし私は、この団地の綻びから息吹く芽をむしろ羨望しているのです。

New Seed

Glass, asphalt, soil, etc.

(From the left, the soil under the pedestrian bridge, the soil that eroded the promenade along the river, the soil at the feet of the guide board of the park, the soil at the base of the tree of the park, the soil under the public hall built on the remains of the Yayoi period)

The soil in the glass was collected in my town, with removing the visible living things and seeds.

For me living in a convenient and comfortable suburban emerging town, the idea that " We don’ t only live in artifacts, we live in the nature covered with artifacts. " is both a hypothesis and a desperate wish.Is it really true that the soil spreads under the pavement of my feet?